Torael public
[search 0]

Download the App!

show episodes
 
習得率98%。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が2日で読めるようになるTORAELビジネス英語最速理論から、WSJやFT(フィナンシャル・タイムズ)、NYT(ニューヨーク・タイムズ)などの海外情報を最速で読み解くノウハウ、ニュースの捉え方をお伝えします。英語は情報処理技術。効率的な学習法やPC・スマートフォンのツールの紹介まで変革の時代を生き抜く情報武装スキルを手に入れてください。
 
Loading …
show series
 
マウス辞書などで単語の壁が無くなった時代の英語最速理論(R)。98%の受講者がウォール・ストリート・ジャーナル、フィナンシャル・タイムズニューヨーク・タイムズを2日で読めるようになる理由とは?そして受講者の声。TORAEL-2012.mp4By TORAEL
 
基本動詞SETの使い方を世界の話題で勉強しましょう。今週の話題は、日本政府、消費税倍増の見込みFT、シェル、アラスカ沖北極海にて石油掘削認可FT、車載用リアビュー・カメラ法制化へ、幼児の死亡事故多発でNYT、グーグル、開発者会議でタブレットを発表見込みWSJなど。 torael-no18.m4aBy TORAEL
 
学校では習わなかった「MOVE」の使い方を世界の話題で解説します。今週の話題は「ニューヨーク、特大ソーダ禁止を提案」「オバマ大統領、危険で避けられない、重大な転機となる動きー同性愛者の結婚を支持」「米財務省、税金の低い国に本社を移転する企業へのルールを強化」など。 torael-no17.m4aBy TORAEL
 
3回シリーズの最終回、WSJピュリッツァー記者が語る日本の近未来政治後編。 橋下市長、維新の会の分析。小沢一郎氏の今後。権力とマスコミ。オリンパス 事件での日本のマスコミ情報統制を海外ジャーナリズムの視点から語って 頂きます。ジェイコブ・スレシンジャー氏:ハーバード大学卒。2003年 ピュリッツァー記者。WSJ東京総局長。インタビュー翻訳、竹末研一、翻訳 校正、内藤友香 torael-no16.m4aBy TORAEL
 
3回シリーズの第2回、WSJピュリッツァー記者が語る"日本経済は復活する、日本政治のトップエキスパートが見た日本政治のルーツ、そして、田中角栄の金権政治を描いた闇将軍「シャドー・ショーグン」をお送りします。ジェイコブ・スレシンジャー氏:ハーバード大学卒。2003年ピュリッツァー記者。WSJ東京総局長。 torael-no15.m4aBy TORAEL
 
3回シリーズの第1回、ウォール・ストリート・ジャーナルのデジタル・ジャーナリズム戦略を配信します。第2回は日本政治のトップエキスパートが、海外ジャーナリズムの視点で日本の近未来を語る。第3回は、ピュリッツァー記者が語る"日本経済は復活する"。ジェイコブ・スレシンジャー氏:ハーバード大学卒。2003年ピュリッツァー賞受賞。WSJ東京総局長。インタビューアー・翻訳 竹末 研一、翻訳校正 内藤 友香 torael-no14.m4aBy TORAEL
 
基本動詞HELPはTOがつかない不定詞ー原型不定詞のかたちで"〜するのを促進する" の用法がよくでます。慣れが必要ですので、世界の話題で読解練習しましょう。 糖尿病発症リスクは水を飲めば低下する!NYT, マイクロソフト電子書籍リーダーに進出 WSJ, サムスン、海外に求人WSJ、石原都知事の尖閣諸島購入が世界に報道FTなどtorael-no13.m4aBy TORAEL
 
意外に知らない「Run」の使い方を世界の話題で解説します。 世界各地で格安航空の波ー英国の例、インドネシア地震で津波警報システム正常に作動 〔東日本大震災の教訓〕、アメリカ失業率低下に潜む高齢化と産業の衰退、iPadアプリ 課金システムの高額請求で親たちがアップルを提訴など。torael-no12.m4aBy TORAEL
 
日本語にもなっているプライベートとパブリック。英語では違った意味で使われています。 今週の話題は、環境に優しい公共交通機関無料化BBC、非公開株とサステナビリティーbyハゲタカファンドWSJ、ラスベガスとマカオの闘いFT、米でIPOラッシュ(健康食品)WSJ、ヨーロッパの芸術、存亡の危機、国家財政破綻で(BBC)などtorael-no11.m4aBy TORAEL
 
頻出ビジネス英語 基本単語シリーズ「SHARE」を世界の話題でお伝えします。欧米銀行、80兆円の資産が消失見込みFT、米、中国が北朝鮮へのフラストレーションを共有していると発表WSJ、日本、郵政民営化決着に近づくWSJ、環境にやさしい自転車シェアリングNYTなどtorael-no10.m4aBy TORAEL
 
高校では習わないビジネス英語「set」の使い方を世界の話題で勉強します。 米国の2012年第一四半期業績を伝える記事FT、G20のウェブ経済、2倍へ、グーグルの発表BBC、中国の中南米進出に見る野望FT、ロボットが病院にやってくるWSJ、ロンドン・オリンピック聖火リレーのルート決定BBC、海外紙の魅力など。torael-no9.m4aBy TORAEL
 
高校では習わないビジネス英語「call」の使い方を世界の話題で勉強します。 ユーロ圏デフレ回避のため、量的緩和を要請FT、日本の首相、オリンパス・スキャンダルを憂慮FT ハッカー、FBIと英国の電話会議を傍受WSJ、住宅に関するFRBの新通達、元切り上げ圧力への 中国の姿勢(人民日報英語版)、など。torael-no8.m4aBy TORAEL
 
意外と知らない超基本単語『TAKE』の使い方。『アマゾン新端末ファイヤとiPadの攻防』 『世界に筒抜け、民主党公約と違う政策、八ツ場ダム』『サザエさんに匹敵する視聴率、 アメリカのYoutubeコメディアンの稼ぎ方』『クリスマスにアマゾン配送センターに集結する キャンピングカー。哀しき季節労働者の実態』などの話題で勉強します。torael-no7.m4aBy TORAEL
 
超基本単語「MAKE」の使い方は慣れれば簡単ですが、最初は苦労します。今回は、 「大富豪投資家ウォーレン・バフェットが購入した驚くべき株とは?」 「欧州債務危機で破綻したヘッジファンドが陥った罠とは?」 「勝率99%高速自動取引に規制当局の圧力」「運動すれば頭が良くなる」など 世界の話題から、分かれば英語が楽に読めるようになる超基本単語「MAKE」の解説をします。 torael-no6.m4aBy TORAEL
 
超基本単語『AFTER』の使い方を世界の話題を交えながら解説します。「韓国のセブン・イレブンでグッチやヴィトンが発売される!?」「オリンパス株急落の真相」「アップル、iPad商標権訴訟で敗訴」「福島産米の放射能汚染」など。torael-no5.m4aBy TORAEL
 
世界の話題から超基本単語『with』の使い方をお伝えします。今回の話題は『本物:美容整形無しのK-pop』『世界の視点で見る日本の企業買収攻勢』『ユーロが消滅した場合に備えて大銀行が準備していること』などです。楽しみながら英語を勉強しましょう。torael-no4.m4aBy TORAEL
 
世界の話題から時事英語を読み解く超基本単語『as』の使い方をお伝えします。今回の話題は『お金持ちたちの国外脱出』、『ヤフーからの頭脳流出Brain Drainの理由』、『スコッチ・ウイスキー輸出激増の影にはあるものは?』などです。楽しみながら英語を勉強しましょう。torael-no3.m4aBy TORAEL
 
英語が出来る人が中学校の英語の教科書を丸暗記したという話を聞いたことはありませんか?ビジネス英語でも中学英語はとても役に立ちます。頻出度が高い重要英単語がじっくりと学べるからです。今週もBBC、Wall Street Journal(WSJ)、Fianancial Times(FT)の気になる記事をご紹介しながら、ビジネス英語で頻出度ナンバー1単語「in」の意外な使い方をご紹介します。torael-no2(1).m4aBy TORAEL
 
日本の新聞と海外の新聞の伝え方はとても似ています。共通点を知れば飛躍的に理解できるようになります。最近のニュースのタイトルを題材にウォール・ストリート・ジャーナルと日経新聞のタイトルに共通する3つの法則を解き明かしていきます。111116_01-POD.m4aBy TORAEL
 
Loading …

Quick Reference Guide

Copyright 2022 | Sitemap | Privacy Policy | Terms of Service
Google login Twitter login Classic login